赤ちゃんを守るマタニティウェア|お腹が大きくなったら

婦人

素敵な大人になるために

レディー

30代の女性ファッションはとても悩ましいものです。20代のままのファッションはだんだんと似合わなくなるものです。自分の好きなものを取り入れつつも、30代の女性らしいシンプルで上質なものを基本に、落ち着いた品のある服装を心がけましょう。

More Detail

女性のシューズといえば

女性

女性に人気の冬シューズであるムートンブーツは、お手入れ方法を把握しておくことが大切です。このブーツには、3つのサイズがあって高いブランドから安いブランドまでがあります。そして、お手入れ方法は防水スプレーで汚れを未然に防ぐことが重要で、着用後も馬毛スプレーや消臭スプレーで除菌対策を行うといいでしょう。

More Detail

オシャレを楽しむために

ウーマン

レディースファッションは、シーズンごとにトレンドも変わるため流行りのものは安く購入するとオシャレの幅が広がります。店舗で購入するだけでなく、通販なども上手く活用すれば節約しながらオシャレを楽しめます。

More Detail

ゆったりが心地よい

夫婦

締め付けない

お腹の中にいる赤ちゃんの成長と共にお母さんのお腹はどんどん大きくなります。お母さんの体型は妊娠前と妊娠中とではガラリと変化するのでマタニティウェアの準備を動きやすい時期に用意しておくと役立ちます。特にウエスト周りは大きくなるので妊娠前の洋服はしばらく着れなくなる事がほとんどです。妊娠6ヶ月を超えた頃、妊娠前やまだお腹が出ていない時に着ていたジーンズを試しに着てみましたが、脚も浮腫んでいてきつく感じ、ウエストも無理やりチャックをしてみたものの、息苦しくてお腹が少し痛む感じがしたので止めて、マタニティウェアを着ることにしました。妊娠中はマタニティウェアを着る方が締め付けもなく、ゆったり過ごすことができ1番良いと思います。また、パンツは特にマタニティウェアにした方が良かったです。まずウエストの締め付けがないだけで動きやすく、不快感が軽減されます。お腹周りをカバーしてくれる様なデザインになっているものが多く冷え対策にもなるからです。

大きめサイズを選ぶ

体型は人それぞれ違うので一概には言えませんが、マタニティウェアを購入する際はいつもより大きめサイズを選ばれた方が臨月まで着れることが多いのではないかと思います。また、トップも授乳口付のマタニティウェアを用意しておくと妊娠中も産後も着ることができ大変便利です。2段階に分かれていて授乳しやすいデザインになっているものが多いですし、マタニティウェアは丈が長めものが多いのでお尻もすっぽり隠してくれるチュニックタイプも良いのでは。これから夏に向けてどんどん気温も上がってくるので、ワンピースタイプもゆったり涼しく着れて楽ちんです。また、ワンピースだとほぼ毎月ある妊婦検診の際もわざわざズボンの様に脱ぎ履きする必要がなく便利ですよ。